こんにちは、平山ゆりです。

今日はリストマーケティングというビジネスモデルについて

お話していこうと思います。

 

 

これからネットでビジネスを初めていくあなたに向けて発信していきます。

 

あなたは自由な時間、お金を手に入れたいと思っていますか?

どんなライフスタイルを叶えたいと思っていますか?

 

自由な時間とお金を手に入れるには、

どんなビジネスモデルがあなたに合うのかを考えなくてはいけません。

 

 

例えば、物販であれば、仕入れ資金が必要ですし、労働収入なので、

一人で事業をやっていくならば自動化することもできません。

 

 

 

もしあなたがビジネスで物販の事業を

やろうとしているのならば考え直す必要があります。

 

 

20万の利益を出すのにかかる費用はおおよそ200万必要になります。

それを一人でさばかなくてはなりません。

こんなビジネス続くと思いますか?やりがいはあると思いますか?

成長ができるビジネスでしょうか?

 

 

感のいい人なら、違うな、って思うはずなんです。

 

 

その一方で、

リストマーケティングは少ない労力で圧倒的な結果を生み出す

最強の仕組み作りができるビジネスモデルです。

 

 

個人でもネット上に仕組みを作ることができて、

集客→教育→販売の流れを一度作ってしまえば、

自動化することも可能です。

 

 

これさえマスターできれば、

時間にもお金にもゆとりのあるビジネスオーナーとして

生きることができます。

 

 

あなたが寝ていてもどこかで旅行をしていても

あなたのスマホがピコンと鳴り、

 

 

「商品が購入されました」の通知が鳴り止まない状況が

作れるようになります。

 

 

逆に、このビジネスモデルを知らずに、

他の物販や仮想通貨、転売などプラットフォームに依存する

稼ぎ方をしていても、あなたは一生、安定的に稼ぎ続けることは出来ません。

 

 

今すぐリストマーケティングを学びましょう。

 

 

ここまで読んで、まだイメージがつかないかもしれませんが、大丈夫です。

しっかりわかりやすく解説していくので、安心して着いてきて下さいね!

 

 

動画解説もありますので、こちらもぜひ。

 

 

リストマーケティングとは何か?

 

リストマーケティングを説明する前に、まず大前提ビジネスの流れを

確認していきましょう。

 

ビジネスというのは、集客→教育→販売→(サポート)の流れがあります。

これはリアル店舗でもネットビジネスでも同じです。

 

ネットの場合は、どのように集客するのか?

それはSNSとブログです。

 

最初のうちは無料で集客していきましょう。

 

集客の媒体はこちらです。

・フェイスブック

・ツイッター

・インスタグラム

・ユーチューブ

・WordPress(ブログ)

 

これらの媒体を使って集客をしていきます。

 

WordPressはレンタルサーバーとドメインを取得すれば運営が可能です。

レンタルサーバーは月額500円で手に入ります。ドメインは年間1000円です。

取得方法もとても簡単です。

 

 

これだけ安価でビジネスができるなんて

ネットビジネスはすごいんです。

普通、ビジネスをやるとなったら初期コストで数百万、数千万はかかりますからね!

 

 

そして、SNSやブログを使って、ランディングページ(LP)に集客かけていきます。

ネットビジネスでは、このランディングページは必須になります。

 

 

ここでいうランディングページというのは、

メールマガジンやLINE@に登録してもらうフォームのことです。

 

 

これには、WordPressにインストールするテンプレートがあります。

これも一回買い切りで8700円くらいです。

 

 

このランディングページを外注するとなると、10万〜30万、多いと100万くらいかかりますが、

作り方を覚えてしまえばあなたにも作ることができます。

 

 

WordPressの使い方とLPの作り方さえマスターすれば、

それだけで食べていけるスキルですからね!

 

 

 

ネットビジネスやっている人でも、ランディングページを作れる人って

結構少ないんですよ。

 

 

ですから、あなたがマスターすれば年収1000万レベルにはなれます。

 

 

リストとは?

 

リストというのはお客様の個人情報のことです。

いわゆる顧客台帳みたいなものですね。

 

リストマーケティングは古くは江戸時代からのビジネスモデルなんですよ。

江戸の商人は、お客の住所と名前が書かれた顧客台帳を大事にしていました。

 

ですから、もしも火事が起きたときでも、財布や通帳を持っていくのではなく、

顧客台帳を井戸に投げ込むということをしたそうです。

 

 

なぜ、井戸に投げ込むのか?というと、顧客台帳はこんにゃくのりで作られていて

水に濡れても大丈夫だったそうです。

 

 

もし一文無しになってしまっても、顧客台帳さえあれば、

また商売が復活できるというわけなのです。

 

 

それほど、お客様の情報というのは商売人にとって重要なものなのです。

 

 

 

現代でいえば、見込み客のメールアドレスやLINEのIDが重要です。

 

 

これさえあれば、明日貯金が0円になっても、家が火事になっても

パソコン一台あれば、ビジネスをスタートさせれば復活が出来ます。

 

 

これを知らない人が実は多いんです。

お客のリストは財産です。

 

これがあることで、こちら側からメールを送って

相手に商品のオファーが出来たり、

新しいサービスのオファーができます。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

リストマーケティングとは何か?ということを詳しく話すと

1回の記事では長くなりすぎてしまうので、

記事を2回にわけていこうと思います。

 

 

ぜひ次の記事も見ていってください。

 

 

それでは最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

 

平山ゆり

〜自己紹介〜
userimg
平山ゆり

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事